ふるさと納税 ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税という寄付を地方自治体にすることで自治体から返礼品が贈られてくるわけですが、実質負担額が2000円で残る寄付額は控除が受けられる仕組みです。

ただ、そのためには年末に確定申告というものをする必要があります。年末に年末調整とか確定申告とかは、なじみ深いかなと思います。

でもふるさと納税についてになりますが、確定申告をせずに控除が受けられる方法があります。それがワンストップ特例制度というものです。

これは寄付した自治体が5自治体までであり、ふるさと納税以外に確定申告をする必要がないという条件を満たせば、この制度を利用できます。この申請方法については、わかりやすいサイトを見つけました。


利用意向NO1!ふるさと納税

申請に必要なものや申請書類への書き方も解説がありますが、送付先については、どうも寄付した自治体に対して、とあります。ということは5自治体に寄付した場合、5自治体それぞれに送付する必要があるのだと思います。

 

プロフィール

カスタマエンジニアとして仕事をしています。

社会人として納税をしていますが、ふるさと納税というものに関心が出たため、勉強をはじめました。 詳細

© 2020 ふるさと納税 rss