エンジン

ここ数日台風が猛威を振るいましたが、雨量の関係で車の運転が困難になった地域もあったのではないかと思います。

車が水につかってしまったら運転を続けるのは危険といわれていますが、その理由は正直明確には知らなかったんですが、これはマフラーに水が浸水しているかどうかがポイントになるみたいです。

万一マフラーに水が浸水している状態では外観に問題がなくとも感電事故、電気系統のショートなどの車両火災が発生するリスクがあるとのことです。

感電とかいわれてみるとなるほどと思いますが、いわれるまでは気づきにくいような気がします。基準としてマフラーの浸水状態になるわけですが安全を考えるとタイヤの半分以上が浸水する状況であれば、運転を見合わせる方がよさそうです。