ランドセル

ランドセル

ランドセルの購入ポイントなどの有用な情報を提供します。

KUTO通販 > ランドセル

ランドセル 比較

小学校への入学でまず必須となるのがランドセル。
まずデザインやサイズを見るわけですが、これだけだとひとつ視点が抜けています。

それは何か?
⇒長期目線、つまり6年間ランドセルを使うことを意識して選んでいるか、です。

6年という年月の間では当然成長していくので、この成長に合わせて、適宜サイズ調整が簡易にできるかも必要な視点ですね。
で、ランドセルのサイズを考える時に、子ども自身が使いながら、調整できるのが一番です。

後は、学校生活における安全度も無視できないので、その視点も必要です。
となると、夜に車が認識しやすいようライトで反射する反射材やいざという時のためのブザーなどは欲しいですね。

あと忘れてはいけないのが、丈夫さです。
ランドセルは背負って使うので、壁にもたれかかったり、雨に打たれたりすると、どうしても強度が落ちます。
なので、壁にもたれかかったり、雨天時でも強度が落ちないよう対策されているかが明記されているかも必要な視点です。

これらが標準装備で付いているランドセルが売られているので、新学期に備えるなら、こういうのを狙うと一度で済むので楽ですね。

ランドセル 2015

今のランドセルはデザインだけでなく、機能も昔と比べて進化しています。
デザインは赤、黒だけでなく、ピンクなどさまざまで、機能については、強い衝撃があると、外れるようになっていたりします。
デザインが多用であるが故に、気に入った色があると機能を注視せずに買ってしまいそうになりますが、注視した場合と比較してみると差が付きます。

注視しなかった場合とした場合を比較すると、同じ時間経過していても劣化速度が変わってきます。
結果、どちらが長く使えるかは火を見るより明らかなわけです。
で、機能が大事なわけですが、重要なのは、サイズ調整で、これを子供自身の手で気軽に行える方がいいわけです。

ただ、6年間使うことを前提として、ベルトサイズを子どもがつけながら調節できる仕組みは、中々無いみたいです。
6年間使えると明記されているものは多いですが、良く見ると、調節できるような機能が無いのが多いわけです。

ということは、6年間で成長しても大丈夫なサイズだから、自宅などで長さ調節できても、子ども自身が通学中にサイズ調整したくても出来ないことがでてくるわけです。
なので、6年間使えるという場合、調整機能が付いているかは確認した方がいいです。

で、この調整できるかどうかというのは日常で使う上では重要なので、選ぶときは、これがポイントといいますか、選択基準になりますね。
確認した中で一番調整しやすそうなのは、ボタンを押すことで、ベルト調整が出来る仕組みです。

他にも子どもの体に負荷をかけないような仕組みも取り入れているので、これからランドセル選びという方は検討する価値ありですね。

ランドセルのハネッセル

ランドセル トップへ戻る

Copyright 2015 © KUTO通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • ランドセル
  • SEOブログパーツ
track feed ランドセル