ノート 値引き 実例

自販連のホームページを見ると、2016年度11月時点で人気ある車種が日産のノートでした。で、相場はいくらくらいかと調べてみると下記の通り。

購入時期 地域 グレード 車両本体+オプションからの値引き額
2016年10月~12月 大阪府 ノート e-POWER X 17.1万
2016年7月~9月 大阪府 ノート X DIG-S 45.3万
千葉県 ノート メダリスト 24.7万

とはいえ、地域やグレードによって相場は変わってくるので、それぞれの地域でいくらになるかを調べることもできますので、それを利用すると大体のコストがわかります。

ノートの見積もりを取る

で、ここで終わりにするのではなく、今乗られている愛車から乗り換える方場合、査定に出すと思いますが、ここで、購入先のディーラーで査定してもらうのは避けたほうがいいです。というのは、実際に知人が新車購入するといってて、ディーラー査定は出したが、もっと高くならないかと相談を受けたので、じゃあここのサイト使ってみたら?と言ったら利用したそうで、結果30万ほど高く査定してもらえたという話を聞きました。これだけ違うとは・・・、と。

カービュー

 

詳しくはこちら

提携者数は200社から600社。
入力項目が1分程度で済み、その後確認メールが来て、その後査定会社から連絡が来る流れ。最大8社までの査定依頼ができるがあまり多いと対応が厳しくなるため3社程度で抑えたほうが負担は減るかと。

利用人数が390万人を超えているので、イコール信頼性が高いことの裏付けと受け取れる。強い販路を持つため、高い査定額を出せる根拠にもなっているのが利点。

詳しくはこちら

 

ちなみに知人に教えたサイトはここです。事前にネットで査定に出すのは手間がかかりますが、それに見合うものはあると思います。このサイトで査定額を把握していればディーラーにあーだこーだ言われても対応しやすいこと、その他ノートといった購入予定の車の見積もりも把握できるので、新車購入の際の交渉にも使えるわけです。

ひと手間をかけて30万得するか、ひと手間かけず、30万を捨てるか、最終判断はこの2択になってきますが、個人的にはこの30万得するためならひと手間かけますね。

© 2017 ノート 値引き rss